忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

商標権の取得とその財産的価値について

商標登録は知的財産を守る手段の一つで、その所有者は特許庁が定める商標法により商品・役務を保護することが可能です。例えば商品やサービスが他者から侵害を受けた場合に、商標権を行使することで訴えることも出来ます。このように悪質な侵害を排除するためにも、多くの企業では「商品名」「サービス名」「ロゴデザイン」に対して商標登録を徹底しているのです。

 

また商標は他者からの侵害に対してだけでなく、逆に自分自身が訴訟を受けないためにも取得しておく必要があります。仮に他者が先に商標権を獲得した場合に、今まで自社が扱っていた商品やサービスの名称を使用できなくなることがあります。日本の商標法では先願主義を採用しているため、基本的には先に商標登録を行った方が優位に立つこととなります。これらを理解せずに商標権に関する考えを放棄してしまうと、商標が財産的価値を得た際に損をすることになるでしょう。

商標権の財産的価値とは

商標権は商標登録により取得することで個人の権利となります。しかし、この時点で商標の価値を測ることは出来ません。商標が財産的価値を得るためには、商標登録の対象にした商品・役務の質や知名度が大きく影響します。商品のブランド力が強ければ、その使用を制限できる商標権は収益を上げ続けることに貢献します。例えば「コカ・コーラ」について、商標権を取得した時点では財産的価値が少なかったものの、後に知名度が向上したことで商標の価値を十分に活かしています。

 

そして、万が一自己の所有する商標が侵害された場合には、販売や製造の差し止め請求と損害賠償請求を行うことで対処が可能です。知的財産に対する侵害は商標法によって厳しく裁かれるため、商標権取得による保護について妥協してはなりません。初期費用(商標権取得にかかる費用)を考慮しても商標権の価値とはつり合わないはずです。また、実際に商標の対象としているブランドが力をつけると、商標権そのものが売買価値を得ることにもなります。

このように商標権には様々な役割があり、商業やサービス業を経営する事業主の方は必ず頭に入れておく必要があります。商標登録の費用についても特許事務所で確認しましょう。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中