忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

「トイザらス」の成功事例

玩具商品を販売する「トイザらス」は、ベビー用品から知育玩具までそろった全国に展開する店舗として知られています。「トイザらス」はアメリカの企業であり、玩具店でありながら大人でもあきない店舗づくりを特徴としています。

そのことから「トイザらス」では、子供と一緒に楽しむ大人が多く見受けられます。また「トイザらス」という店舗名には「ら」だけがひらがな表記になっているという特徴を持っています。これは店舗の由来に関係してつけられたものです。

「トイザらス」店舗名の由来と印象効果

店舗名の由来は、アメリカの「TOYSRUS」に関係しています。店舗名を「トイザらス」にした経緯は、創業者の名前がチャールズ・ラザラスであり、そして、創業者が「おもちゃといえば私たち」の「Toys are us.」をかけて「Toys“R”Us」にしたとされています。アメリカでは、この”R”が反転させていることいインパクトを与えるものとしているのですが、このメッセージをかけた店舗名を日本でもインパクトのあるものにしようとして、カタカナにひらがを混ぜたものとしています。

 

これが日本でも子供に印象を与えるものとなったことから、アメリカの店舗と同様の効果を持つことができるようにりました。そこで日本では、店舗でありながら社名として「トイザらス」を商標登録しているのですが、この日本的にユニークな表示によって非常に覚えやすいものとしてくれているのです。

ユニークな名称は商標登録で効果を発揮

日本においては、文字を反転しないで「ら」だけをひらがなとしたアメリカと違った表現の仕方が、ユニークな工夫とされて注目されるようになり、これが非常に効果的に表現できていることがよくわかるものとなっています。このことが商標の出願において、ユニークな店舗名を商標登録した例の一つとして上げられるのです。

 

日本では「トイザらス」の商標登録出願において、あまり苦労はなかったはずです。もし店舗や社名において、商標登録を考える場合、文字の一部を変えることによってインパクトのあるものにしてみたり、商標の出願においては他の商標との類似を避けてスムーズに登録できることを期待できるものとしているのです。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中