忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

スーパーコピーに効果的な商標法に基づく対策とは

本物に限りなく近く、品質の高い模造製品のことをスーパーコピーと言いますが、これは知的財産権を侵害している偽物に変わりはありません。近年これらの被害が増えているため、メーカーや販売会社では効果的な対策が必要とされています。

国内外で拡大するスーパーコピーによる被害

商標権利者からしてみれば、精巧にできたスーパーコピーは非常に迷惑です。偽物が市場に出回ることで、商品やブランドそのものの信頼性を失う可能性や、売上に多大な影響を及ぼします。本物との区別がほとんどつかないスーパーコピーはただのコピー製品よりも悪質で、特に有名なブランドを中心として海外でも大きな被害が出ています。

 

これらは基本的に海外で作られて国内に輸入されることが多いのですが、通常であれば税関で阻止されるはずです。しかし本物に限りなく近いスーパーコピーでは、審査を通過して国内で出回ってしまう場合も少なくありません。例えば技術的にも質の良い時計が輸入された場合に、本物と分別することは非常に困難であることが考えられます。審査を厳密にしてこれらを排除しようとしても、それにかかる手間やコストを計算すると容易ではないでしょう。

スーパーコピーに対抗する商標権と不正競争防止法

スーパーコピーに対しては、商標権の侵害ならびに不正競争防止法でも損害賠償の請求を行うことが可能です。また偽物ブランド品の製造や販売を目的とした行為は、刑事罰によっても裁かれる必要があるとされています。最近ではインターネットを利用した偽物ブランド品の販売が多くおこなわれているようです。もしも自社の製品のコピー商品を見つけた場合は、製造元を突き止めて裁判所を通じた賠償請求を行いましょう。裁判を有利に進めるためには商標権の獲得が必須条件です。事前に商標登録を行い、スーパーコピーなどの悪質な偽物ブランドを徹底的に排除しましょう。

 

また、日本ではスーパーコピーの売買は商標法と不正競争防止法によって禁止されています。コピー製品だとわかっていて購入した場合には、当然ですが買い手にも責任があるとされています。買い手への注意を促すとともに、商標権を獲得していることを表示することが効果的です。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中