忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

一商標一出願の原則

今回は商標登録出願のルールの一つである「一商標一出願の原則」についてお話します。 商標を出願する際に決めなければいけない事項には大きく二つあります。

 

その一つ目は、どのような商標にするかという事です。これは、登録する商標を文字にするのか図形にするのか、もしくは文字と図形を組み合わせるのか、文字にするなら、どんな言葉にするのか、といった事を決めるという事です。

そして、もう一つは、どの区分を指定するかという事も決めなくてはいけません。
これは、どの分野に対して登録するかという事を、自分が現在行っている事業と、今後行う可能性があるものを含め検討していきます。


さて、このように商標出願には登録する商標と、登録する区分をセットに出願するのですが、場合によっては、登録したい区分は同じだけど、登録したい商標は複数ある、という事態が発生する場合があります。このような場合どうするのか。このような場合に対し商標法は、「商標登録出願は、商標の使用をする一又は二以上の商品又は役務を指定して、商標ごとにしなければならない(6条)」と規定しています。

 

つまり、登録したい商標が複数あっても、商標ごとに一つ一つ出願して下さい、という事です。

例えば、新規に事業を始めるに当たり、会社名・サービス名・商品名を登録しようと考えた場合、会社名は会社名で一つの商標として出願、サービス名はサービス名の商標として一つの出願、商品名は商品名の商標として一つの出願、という様に別個に出願するという事です。


ただ、商標を出願する側としては、複数の商標を一つの出願で済ませられれば便利だし費用も抑えられそうなのに。とやや不満に思ってしまうところです。
ただ、商標法がこの一商標一出願の原則を採用するのには、わざわざ出願人に不便を強いたり、費用を多く徴収してやろうという悪意がある訳ではありません。

商標法が一商標一出願の原則を採用するにはいくつか理由がありますが、
手続きの上での繁雑さをなくす、というのが一番の理由でしょう。
登録までの審査を円滑にし、権利の範囲を明確にするという事が、安定した法の運用に資するという訳です。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中