忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

民族芸能の商標登録

最近では商標に対する関心が向上されたことから、様々な分野で商標登録が行われるようになりました。一般的には知的財産の権利が侵害されないように、商品やサービス名を商標登録されることが多いようです。

しかし、商標に関するトラブルは国際的な問題としてマスメディアに取り上げられています。多くの企業では権利を争うことを懸念して、商品やサービス名の他にも積極的に商標登録する傾向にあります。このことから、商標は商品でなくとも財産としての価値をもつことが分かります。

 

たとえば、各地方には伝統的な民族芸能がありますが、これも商標登録をすることで他者の侵害を防ぐことが出来ます。また、民族芸能において商標登録の必要性は、第3者の商標登録による独占を防ぐ意味があるでしょう。

民族芸能を商標で保護する重要性

伝統芸能は当たり前のように開催されてきた行事として、地域住民に長く親しまれてきたものです。もしも特定の人物が権利を持つとなれば、開催の主導権をその権利者が握る事となり自由に行えなくなります。さらには、伝統芸能にまつわるお土産や名産品にも、その販売や製造権を独占される恐れもあります。

 

そのため、歴史のある伝統芸能であっても商標権によって保護することが重要なのです。もしも他者に商標権を獲得された場合、今まで行っていたことが侵害行為として訴えられることもあります。そうならないためにも、まずは周辺地域で商標による権利の保護が徹底されていることを確認しましょう。

 

これは商標として登録することを、知的財産権としての価値を得る以外に文化財産の保護を目的としています。当然ですが、商標登録がされていない文化行事についても商標での保護を必要とします。特に伝統行事とされている民族芸能を守ることは、地域の収益に大きく関わります。もし観光地域であれば、その集客力を担う行事を存続させることと同義です。

地域団体商標制度の活用方法

民族芸能を商標によって保護するには、非常に広範囲の区分を商標に指定する必要があります。そのため通常のロゴや文字で構成された商標とは違い、単語そのものを独占使用できる商標が理想でしょう。

 

商標登録には地域ブランドとして登録可能な新しい制度があります。
これを地域団体商標制度と言い、「地名」+「役務名」といった個人では審査が通らないような商標も登録が可能です。そこで、民俗芸能の商標登録であるならば、地域の組合や住民と協力して権利の保護を行いましょう。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中