忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

メーカー表示の重要性と商標権侵害による罰則

商品購入やサービス登録の際には、そのメーカーや運営会社を基準に検討することが一般的には多いです。なぜならば、商品やサービスを選ぶには「信頼性」と「保障」を重要視する割合が多いからです。これは高額な商品やサービスに大きく影響がありますが、人によっては最初から特定のメーカーに選択肢を絞ることもあります。

製造・販売者表記の重要性

店舗で販売されている商品には、製造者と販売責任者(販売代理店)などが明記されています。これは同種の商品やサービスから、対象とする商品を識別できるように自社のロゴや名称を表示する義務があるからです。逆にこれらが表記されていない商品を、店頭に並べることは許されておりません。

 

その理由は、もしも商品識別がされていない商品やサービスが存在した場合、正規の販売品と間違えて選択される恐れがあるからです。さらに、ユーザーは意図しない商品を誤って選択したことに気が付かず、正規品に対して相応ではない評価を与えることも考えられるでしょう。これらが考慮されているため、日本国内で提供している商品やサービスには商標の表示が定着化されています。

商標権を侵害した場合の罰則

近年では、スーパーコピーと呼ばれるコピー製品や類似品の規制強化が行われています。その中でも商標は自社が提供する商品やサービスを保護する重要な役割を担います。商標の権利者は類似商品に対して警告、もしくは損害賠償の請求を行うなど、法に基づく要求を相手に提示することが可能です。立場を入れ替えると、商標権を所持していない場合に類似として訴えられることも考えられるのです。

 

商標権を侵害した場合は様々な罰則を受けることになります。例えば、商品の製造・販売停止、類似品を販売したとする損害賠償請求、不当利得返還請求や信用回復措置請求などが法令に則り命じられます。これらは自分が意図せずに商標を侵害した場合にも要求されることに注意しましょう。また、悪質なものに関しては不正競争防止法によって罰金や懲役が科せられることもあります。

 

商標は商業やサービス業だけでなく、ITの分野でも深くかかわりを持つようになりました。これから事業を展開していくのであれば、商標に関するトラブルは必ず目にするはずです。世界的に見ても商標が原因となる訴訟は年々増加しています。このような問題が自社に降りかかる前に、商標登録による善後策を講じましょう。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中