忙しい経営者を強力サポート|社長の商標登録

お問い合わせはこちらから

ドメイン取得のリスクと商標登録の重要性

インターネットでサービスを提供する際にドメイン取得は欠かせません。このドメインについてですが、他社が所持していない名称であれば例外を除き自由に購入することが出来ます。そのため多くの人は、比較的シンプル且つ分かりやすい文字列で取得を行うのですが、著作権や商標権などの知的財産権が関わる問題に発展するケースがあります。

ドメイン取得のリスクと価値について

ドメインは会社や個人を表すことに最適な手段であり、それ自体が目印(マーク)として機能します。中にはドメインが非常に高い価値を持つこともあり、オークションや企業間での取引も行われています。これらは集客やブランディングといった観点で重要視されているためであり、インターネットの需要が高まるにつれて金銭的価値も上昇しています。

 

このようにWEBでのビジネスにおいて必要不可欠なドメインは、その使用権についてトラブルもしばしば発生しています。意図的に商標権を侵害するような事件も多くなり、各企業ではドメインの扱いに慎重さを強める傾向にあるようです。個人によるドメイン取得も同様に、自分で考えた名称が同じ分野の商品やサービスの知的財産権を侵害していたために、権利者からドメインの使用差し止めや損害賠償を要求されることもあります。

ドメインの権利侵害と商標登録による対策

近年では国内だけでなく、海外においてもドメインの商標権侵害が問題とされています。実際に所有しているドメイン名が、商標権を侵害しているとして訴訟が行われたことがあります。

 

逆に商標権を獲得することで、特定範囲のドメインを独占できるという考え方もあります。自分が持つ登録商標と同じ区分や類似キーワードをドメイン取得することで、他者から警告を受けた際にも十分な対応が行えます。

 

商標はロゴや図形(画像)で登録することが可能です。もしも、自社のサイトでイメージとなるロゴがあるのなら、直ぐに商標登録することをお勧めします。WEBページへの集客ではブランド力の強化が重要となります。その要素であるロゴとドメインはブランディングに影響します。ブランド力の向上に成功した後で、ドメインの差止め請求を受けると大きな損失となるでしょう。こうしたリスクを排除するためにも、商標登録は非常に重要な役割を果たします。

 

→ 商標の豆知識 目次へ戻る

 

 

 

 

 

3年連続代理件数No.1。調査完了後お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
商標登録、商標調査のご依頼はこちら。24時間受付中